深刻な悩み

薄毛とは、もちろん頭髪が薄いことをさします。これは生活の中で使われている言葉であって、正確な医学用語ではありません。薄毛に近い言葉としては、「はげ」がありますが、どこまでが「薄毛」でどこからが「はげ」なのか、判断は人によって分かれることでしょう。

「薄毛」は頭髪が少ないものの、まだうっすらと毛が残っている場合に使用して、「はげ」は全く頭髪がない場合に使用するという方もいます。「はげ」という言葉を気にして「婉曲に「薄毛」という言葉を使用する方もいます。

どちらにしろ、よほど親しい間柄を除いて本人の前では口にすることが少ない言葉です。それは、とてもデリケートな事柄だからです。薄毛の方本人は、自身の頭髪をとても気にしていることが少なくありません。

周りの方が気にする以上に気になってしまうことも少なくありません。薄毛というのは、とても深刻な悩みなのです。


女性でも薄毛に悩む

薄毛に悩むのは中年男性というイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、実はそれだけではありません。女性でも薄毛に悩む方は多くいます。特に中高年の女性になるとその数が増えてきます。

女性より男性の方が薄毛の方が多いのは、髪が抜ける原因のひとつが男性ホルモンにあるからです。そのため、女性は加齢とともに髪のボリュームがなくなっていくものの、男性ほどには薄毛にならない場合が多いのです。

女性用の育毛剤の種類がたくさん出回っていることからも薄毛が男性の悩みだというのは過去の話です。

また、若い方でも薄毛に悩む方がいます。実は、ストレスの多い生活や無理なダイエットなども毛が抜ける原因となりますので、若い方の薄毛も増えているのが現状です。